潜水用水着は着心地の良さがポイント

ダイビングを楽しく行うためにも、水着選びは慎重に行う事が大切です。 特に、潜水用に作られた水着はウエットスーツやドライスーツになりますが、 中に着る水着も何でもOK というわけではありません。厳密にいうと、 水着を着ていればいいのですが、ウエットスーツを着脱する時に邪魔にならないデザインを選ぶと、 ごわついたり、スーツを脱ぐときに一緒に下がってしまうなどのトラブルを防ぐ事ができます。

特に、女性の場合、夏のリゾートでは少しおしゃれな水着を選んで着る事が多くなりますが、 ダイビングをする場合は、普段海辺で着る水着ではなく、デザイン的にも少しシンプルなものを選ぶと、 ウエットスーツの中に着こんだ時に違和感なく着る事ができます。また、ウエットスーツの中には、 水が染み込んでくるので、ビキニや普通の水着だと少し違和感を感じる人もいます。

安心して着用するのに適しているのが、ラッシュガードです。半袖や長袖など、 色々なタイプのラッシュガードが出ているので、上着もそうですが、 下もハーフパンツやストッキングなど身体にフィットするタイプの水着を着ておくと 、ウエットスーツがひっつく感じがなく、快適に着る事ができます。ダイビングをする場合は、 デザインよりも、着心地のいい潜水用水着を選ぶのが鉄則です。